内臓脂肪のコラム

内臓脂肪のことについて綴ります。

内臓脂肪のコラム記事一覧

生活習慣病の原因となる肥満。別に荒れた生活をしているつもりもないのに、歳と共に気づけばお腹周りに脂肪がついて、いつの間にかメタボ予備軍の仲間入り、なんて人も少なくないのでは?”楽して痩せる”は夢物語でも、”無理せず内臓脂肪を減らす”のは不可能ではありません。最新のニュースから、内臓脂肪を減らすための新常識や有効成分をお届けします。目次プラスワンで内臓脂肪を減らす成分を採りいれる!内臓脂肪へのアプロ...

内臓脂肪レベルとは、CT検査による画像診断から、内臓にくっついている脂肪の総面積を測定することで得られる数値です。CT検査は病院などの大掛かりな医療施設で行われます。料金もそれなりにかかりますので、すべての人が気軽に計測できるわけではありません。そこで、現在では、内臓脂肪レベルを、ご家庭でも測定できる(タニタやオムロン)メーカーから販売されている測定器によって、簡単に測ることが可能になっています。...

皮下脂肪は皮の下につく脂肪で、女性に多く一見してすぐにわかります。一方、内臓脂肪とは内臓の回りにつく脂肪で、男性に多く、お腹回りが大きくなりますが、見た目にはわかりにくい場合もあります。皮下脂肪がなかなか落ちないのに比べ、内臓脂肪は比較的落としやすいという特徴があります。内臓脂肪はCTスキャンで調べる事ができます。摂取カロリー>消費カロリー内臓脂肪が増える原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回る...

毎日の食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足でお腹がでっぷり。いわゆるメタボは放っておくと脅すようですが、心血管疾患、糖尿病、肝臓の病気、胃食道逆流症、ひいては癌の原因になります。これまでメタボは、食事療法と運動療法でしか改善しないと医者にも言われてきたと思いますが、ここにきてラクトフェリンという成分が内臓脂肪改善に効果を発揮することが研究(『British Journal of Nutrition』)から...

ヨーグルトの健康効果は有名ですよね。製品によって、便秘解消から花粉症予防、インフルエンザの予防対策まで幅広く、とくにその整腸効果は多くの方に認知されています。そんなヨーグルは内臓脂肪の減少効果が期待できるものがあるんですよ。しかし、ただヨーグルと食べればいいというわけではありません。しっかりと内臓脂肪の減少が期待できる製品を選ぶ必要があります。ヨーグルトごとに健康効果が違うひとことでヨーグルと言っ...

お茶の健康効果は有名ですよね。含まれる成分には様々な健康効果があるのです。そんなお茶には内臓脂肪を減少させる効果もあるとされています。この記事では内臓脂肪を減少させるお茶を紹介していきますね。緑茶緑茶には「カテキン」という成分が含まれています。このカテキンには糖の吸収を抑える効果がありますので、内臓脂肪を減らす効果があるとされているんですね。その他にもカテキンには、抗菌作用があるますので口臭防止の...

内臓脂肪と聞くとドキッとする方は多いのではないでしょうか。内臓脂肪を減らすためには運動、食事、規則正しい生活習慣が欠かせないのですが、なかなか難しいと思っていらっしゃる方は多いと思います。内臓脂肪型の肥満に特効薬はないの?そう考える方も多い事でしょう。残念ながら、内臓脂肪型の肥満に特効薬はありません。欧米では抗肥満薬といって「肥満に効く薬」がいくつか承認されていますが、日本においては(病院で処方さ...

内臓脂肪に効果があるとされている医薬品はナイシトール、コッコアポなどが有名で、第2類医薬品となっており、ドラッグストアで簡単に手に入ります。ナイシトールやコッコアポが漢方薬だと知らない方も多いようですが、成分をみてみると確かに漢方製剤と書いてありますよ。気になる成分ですが、ナイシトールは「防風通聖散料乾燥エキス」と書いてありますね。コッコアポEXもナイシトールと同じ、「防風通聖散料エキス」です。コ...

肥満やメタボリックシンドロームは脂肪に関係していることは周知の事実です。肥満解消そしてメタボ脱出のために、体重を落とすあるいは脂肪を減らす、その第一の目的は、綺麗にスマートになりたいという願望になりますが、それだけではなく脂肪を減らした結果得られる、健康な身体をとりもどすことが大切なのです。脂肪といっても身体につく脂肪には2種類ありますので、その違いを理解し、自分の脂肪はどちらに該当するのか、ここ...

毎日がんばって運動しているのに、無頓着に、沢山、しかも偏った食事をしていては、せっかくの運動効果も台無しです。食事の内容も考えてダイエットに取り組み、内臓脂肪を落としてみませんか。食事で内臓脂肪を落とす際に大切なことは、絶対に食事を抜いてはいけないということです。体重を落とすならば、てっとり早く、あまり食べなければ。。。という低カロリー計算だけが頭をよぎってしまう、間違った食事療法を行ってしまう方...

ダイエットには食事制限も必要ですが、やはり運動が大切です。大変嬉しいことに、内臓脂肪は皮下脂肪よりも運動によって減らしやすい脂肪であるという特徴をもっています。この脂肪の特徴を生かして、早速毎日の生活に出来る限りの適度な運動をとりいれて、内臓脂肪を落として、尚且つ内臓脂肪のつきにく身体をつくっていきましょう。有酸素運動内臓脂肪を効率的に燃焼させる運動として挙げられているのは、有酸素運動です。有酸素...

体重を減らすためには、食事療法と運動療法の組み合わせの両方が必要です。肥満やメタボの方の食事に限定すると、消費するカロリー以上に摂取カロリーが多い場合に体重が増加していきます。この調整を行い、ヘルシーな食事療法によって、理想とするあるいはバランスのとれた身体や健康状態へもってゆくことが、食事ダイエットの基本です。ここでは、内臓脂肪を効率的に燃焼させる効果が期待できるといわれる栄養素(有機化合物)と...

最近体重が増えたんだけど、なぜかお腹の周りだけに脂肪がのってきちゃたような。。。そういう方は、内臓脂肪かついてきているのかもしれません。身体につく脂肪には、皮下脂肪、そして内臓脂肪、と呼ばれる2種類の脂肪があります。内臓脂肪と皮下脂肪の違いはこちら皮下脂肪は、二の腕、尻、太もも、下腹につきやすく、全体的にぽっちゃりした印象になり、女性に多い脂肪のつき方といわれています。ところが、内臓脂肪は、生活習...

コッコアポEXも、ナイシトールと同様に人気が高いお薬で、防風通聖散という漢方薬を使った製剤です。漢方薬なら自然由来だから、副作用なんて全然ないはず♪と思っていませんか?自然素材の漢方薬といえども医薬品ですので、副作用が全くないわけではありません。きちんとした予備知識をもって飲み始めましょう。万が一、服用していて副作用かな?と疑問に思われるような症状が現れたときには、服用を中止して、医師や薬剤師に相...

小林製薬から発売されているナイシトールG、テレビCMも盛んに放送されていますので、ご存知の方がほとんどかと思います。ナイシトールGの効能・効果としては、「体力があり、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな人の肥満症、高血圧や肥満にともなう動悸、肩こり、のぼせ、むくみ、便秘、蓄膿症、湿疹、皮膚炎、ふきでもの」となっています。肥満だけじゃないんですね♪このお薬、効果もさまざまですが、副作用についてはどうでし...

亜麻仁油は、内臓脂肪を落とす着火剤と言われています。メタボリックシンドロームは、お腹の周りが男性が85p、女性が90p以上とされています。内臓脂肪は油断をするとすぐに溜まりますが、食事や運動で燃えやすく、努力次第で比較的簡単に落すことができます。油は肥満の大敵という考えはもう古く、亜麻仁油などの体に良い油を積極的にとることで内臓脂肪を落とすことができます。亜麻仁油ってどんな油なの?亜麻仁油はアマと...

アルコールは内臓脂肪増加の原因になります。健康診断で「メタボ」と診断されると、お医者さんから「お酒は控えるように」と忠告されるように、内臓脂肪の増加原因になっているんですね。では、なぜアルコールが内臓脂肪にとってよくないのでしょうか?アルコール自体が内臓脂肪を増やすアルコールが肝臓で分解されると、脂肪をより多く作るようになるという現象がおきます。これは肝臓脂肪の合成に必要な酵素の生成が活発になるた...

ごぼう茶には優れたダイエット効果があるのをご存知でしょうか?そのダイエット効果は、ナグモクリニック総院長・南雲吉則先生も自ら体験し、太鼓判を押しています。そんなごぼう茶には内臓脂肪を下げる効果が期待できるんですよ。ごぼう茶が内臓脂肪に良い理由ごぼう茶には「サポニン」という成分が含まれています。サポニンには、余分な脂肪や悪玉コレステロールを排除する働きがあるんですね。体内の余分な脂肪やコレステロール...

内臓脂肪を下げるには食事療法が有効です。実際にお医者さんでも薬を処方する前にまずは、食事療法からという始めることも多いんですね。ですが、食事療法と聞くとなんでか辛そうですし、難しいそうですよね。実はちょっと食べ方を変えるだけで、有効な食事療法ができてしまうんですよ。腹八分目に抑える内臓脂肪に限らず脂肪を減少させるには、1日に消費するカロリー以上摂取しないことが必須になります。しかし、食べる度に食品...

近年は炭水化物や糖質が体重増加や体脂肪の蓄積につながるので摂取を控える「炭水化物抜きダイエット」が流行っていますが、これだけ守っていれば絶対に太らないということではなく、従来の必要カロリーと摂取カロリーのバランス理論も忘れてはなりません。要するにあなたの体に必要なカロリーを超過して取ってしまったカロリーは消費されず体脂肪として蓄積していきますという理論です。この必要カロリーバランスを考える際には食...

「内臓脂肪が気になるけど食欲を抑えられない」その気持ちわかります。頭ではダメだと分っていてもおいしいものを目の前にしたら、どうしても我慢できずに食べてしまうんですね。でもお腹がいっぱいだったら食べないのではないでしょうか?キャベツにはお腹をいっぱいにして、食欲を抑えてくれる効果があるのですよ。キャベツは低カロリーで満腹感を感じやすいキャベツは100gわずか23kcalとってもヘルシーなんです。そし...

辛いものを食べると発汗作用がありダイエットに効果的だというイメージをお持ちの方が多いと思います。これは半分当たっていているのですが100%正解というわけはありません。辛いからダイエットに効果的ということではなく、その食品に含まれる辛み成分が脂肪燃焼の効率を上げてくれる効果があるということです。ですから辛い食品にもダイエット効果がないものもあります。ダイエットに有効な辛み成分の代表は唐辛子などに含ま...

脂肪もコレステロールも、身体に必要不可欠な物質健康診断の結果を渡されると、まず気になるのが中性脂肪(トリグリセリド、TG)・コレステロールといった項目ではないでしょうか?生活習慣病と密接な関係のあるこれらは、「悪物」と一般的には思われがち。でも実は、身体にとって必要なものなのです。人間の体は、飢餓状態に陥ると途端にダメージを受けます。特に脳細胞は低血糖・低酸素に非常に弱く、一度低血糖を起こして障害...

お腹がポッコリ出てきてしまう、お腹の肥満。これには2つのタイプがあることをご存知でしょうか。ここでは、2つの腹部肥満の原因のうち、生活習慣病のリスクを高める内臓脂肪型肥満について解説しています。お腹がポッコリしてしまう理由やその解消方法についてご紹介していきますので、お腹の脂肪が気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。内臓脂肪でお腹がポッコリ!その理由とは肥満には2つのタイプがあります。1...

体脂肪は日々あなたが食べた物から作られます。ただし食品中に含まれる脂質がそのままあなたの体に付くわけではありません。人の体は取り入れた食事を消化・代謝という過程を経てエネルギー源にしたり体脂肪に変化させたりして利用することになります。その過程で重要な役割を果たすのがビタミン類です。今回はビタミンB1の働きに着目してみましょう。もしあなたが体脂肪率を上げたくないならば、普段の食事の中でビタミンB1の...

突然ですがあなたはダイエットの為に何かしらのサプリメントを利用していますか?サプリメント市場は大変活況で、普段の食事では不足がちな栄養素を手軽に補給できる優れたアイテムです。中でも「ダイエット」「減量」という明確な目的意識を持ち、サプリメントを積極的に取り入れようとする方は、ドラッグストアなどで「ダイエットサプリ」の種類の多さに驚かれたことでしょう。同じダイエット目的でも栄養素ごとに作用機序が異な...

一昔前はダイエットというと体重を減らすことに躍起になっていたものですが、予防医学の進歩と共に体重だけでなく体脂肪のコントロールが重要であるということが広く浸透してきましたね。家庭用の体脂肪計も普及し手軽に体脂肪率がチェックできる時代になりました。身長や体重、そして性別により、個々に適度な体脂肪率が異なるので自分に丁度良い体脂肪率を維持することが重要です。この体脂肪率は体全体での脂肪の比率を測るもの...

みなさんはアディポネクチンという名前を聞いたことがありますか?もしご存知ならば相当のダイエット研究家か、若しくはためしてガッテン!ファンですね!?アディポネクチンは近年長寿ホルモンとして注目されているもので、ダイエットにも効果のあるものなんです。今回はNHKにも取り上げられたこのアディポネクチンとはいったいどういうものなのか探っていきますよ。アディポネクチンは長寿ホルモンアディポネクチンはホルモン...

眠気を覚ます飲み物として、代表的な飲み物といえば何を思い浮かべるでしょうか?おそらくコーヒーを答える方は多いのではないでしょうか。コーヒーは、なんとなく眠気を覚ます!スッキリする!などというイメージがありますし、実際にコーヒーに含まれているカフェインはそういった効果があるので眠気を覚ますようなイメージがついていると思います。しかし、コーヒーにはその他にも意外な身体に対しての良い影響があるのです。そ...

肥満は生活習慣病の1つになるため、積極的に改善に向けて取り組む必要があるとされています。ですが、なぜ肥満が糖尿病に繋がるのかご存知でしょうか。ここでは、内臓脂肪の蓄積による肥満が糖尿病にどのように関係しているのかご説明していきます。肥満には大きく分けて2つのタイプがある肥満の原因となる脂肪組織には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。どちらも同じ脂肪ですが、蓄積する場所によりそれぞれ働き方が少し異なりま...

フルーツはお好きですか?スーパーでは一年中色々な野菜が並んでいる中、果物は季節感を感じることができる素敵な食材。低カロリーで水分が多く、ミネラルや食物繊維、最近注目の酵素が豊富なものもあり、特にダイエット中の女子には人気のスーパーフードです。でも、「ダイエットには食事の代わりに果物」を簡単に信じ込むのは危ない?フルーツの摂りすぎで内臓脂肪が増加して肥満につながる可能性があるという恐ろしい研究の結果...

辛み成分を含む食品は色々ありますが、代表的なものに唐辛子があります。唐辛子にはカプサイシンという辛み成分が含まれており、食事の味付けなどにスパイスとして利用されます。同時にカプサイシンは脂肪燃焼系成分としても有名で、運動による脂肪燃焼効率を高めてくれます。生姜の辛味成分「ジンゲロン」今回紹介しますのは、同じ辛み成分でも日本食によく利用されるショウガに含まれるのはジンゲロールという成分です。ジンゲロ...

女性は元々男性に比べて体脂肪の割合が多く、ふっくらとした体形になりやすいのですが、体系といえば男性はリンゴ型、女性は洋ナシ型などと呼ばれるのを聞いたことがあると思います。男性は内臓脂肪が付きやすく、体の中心付近であるお腹が出るので丸い形のリンゴに、女性は皮下脂肪が多く特に下半身に脂肪が付きやすいことから上に比べて下側が出っ張る洋ナシになぞらえた呼び名です。ですから女性は元来男性と違って内臓脂肪は付...

リコピンの効果をご存知ですかリコピンは、活性酸素を除去する働きのある抗酸化作用があります。リコピンを摂取することで、悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにします。この血液をサラサラにする作用は、体の代謝を活発化させます。代謝が活発化することによって、摂取した脂肪分の吸収を抑えて、蓄積を防ぎ、エネルギーに交換され、効率よく脂肪や栄養が消費され、内臓脂肪がつきにくい体になります。体の代謝が良く...

トマトダイエットが注目を集めていることをご存知でしょうか。もしご存知ない方であれば、本当にトマトでダイエットができるのか信じられないという方もいると思います。しかし古くからのことわざで「トマトが赤くなれば医者が青くなる」と言われるように、トマトには健康にとって欠かせない栄養素が沢山含まれているのです。その中でも有名なのがリコピンです。リコピンは強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれる働...

綺麗なピンク色の、甘酸っぱくて良い香りのするローズヒップティー。ビタミンCが豊富で美肌効果もあるので、女性にはとても人気があります。このローズヒップにはダイエット効果もあるのをご存知ですか?ポリフェノールが内臓脂肪に効く?ポリフェノールというと真っ先に思い浮かぶのが抗酸化作用ですね。女性にとっては切実な、お肌や髪の毛を劣化させてしまう大敵「活性酸素」を抑える力に優れているのがポリフェノールです。他...

ダイエットを始めようと考えるときに、真っ先に思い浮かべるのが食事制限ですね。肥満は余分な脂肪が体内に貯まるために起こるので、脂肪をためない、たまった脂肪をエネルギーに変えて消費するためには食べ物を見直すのは当然です。ただ、この食事制限によって思わぬ弊害が出てしまう場合があります。身体に必要なビタミンやミネラルが足りなくなってしまうんです。それをサプリメントで補う方法もありますが、できれば自然の食品...

健康のキーワードとして当たり前になりつつあるメタボリックシンドローム。ポッコリと出っ張ったお腹は内臓脂肪のサインかもしれません。コワイ内臓脂肪と、さらに脂肪肝についてもう一度考えてみましょう。脂肪には2種類ある〜皮下脂肪と内臓脂肪落としにくいけれど、命にかかわる危険性は低い皮下脂肪。簡単に落とせるけれど、健康に被害を及ぼす内臓脂肪。もしおなかまわりが気になるなら、セルフチェックをしてみましょう。お...

痩せているのにお腹だけポッコリ。内臓脂肪は健康だけでなく美容の大敵でもあります。最近内臓脂肪を減らすオスモチンに注目が集まっていますが、オスモチンとはいったい何でしょうか。その正体に迫ってみました。オスモチンってなに?オスモチンは食物由来のペプチドで、アディポネクチンの受容体を活性化させる働きを持っています。はて?何を言っているやらよくわかりませんね。これを簡単に解説すると以下のようになります。ま...

健康の大敵、内臓脂肪。内臓脂肪を減らそうと頑張ってダイエットしている人は多いですよね。一昔前までダイエットといえば食事制限が主流でした。でも無理な食事制限で得られるものは、血色の悪いカサカサの肌、ぱさぱさの髪の毛とひ弱で不健康な身体でしかありません。そこで最近主流になりつつある食べて痩せるダイエットですが、意外な食材に注目が集まっています。内臓脂肪カットに効果があるというその食材とはいったい何でし...

大豆たんぱくの一種、β-コングリシニンという成分をご存知ですか?最近、内臓脂肪を劇的に減らす成分として注目を集めています。このβ-コングリシニンについて、まとめてお教えしましょう。β-コングリシニンの効果とは?特に内臓脂肪が多い人に効果があるとされる、β-コングリシニン。その仕組みはどういったものなのでしょうか。脂肪が体内に蓄積されるには、小腸入り口での乳化から吸収、肝臓での脂肪細胞化までの複雑な...

現代人を悩ませる生活習慣病、その指標として有名なのがメタボリックシンドロームです。そして全ての元凶ともいえるのが、内臓脂肪の肥大化。メタボを予防するために、あるいは治療するためにサプリメントを飲んでいる人も少なくありませんね。そのサプリメントですが、「なぜ」「どうやって」内臓脂肪に効果があるか、正しく理解していますか?内臓脂肪を減らす効果があるサプリメントの成分とその働きを整理してみましょう。代謝...

歳とともにじわじわと増え続ける内臓脂肪、悩ましいですよね。20代の頃と同じように食べてるはずなのに、気付くと脇腹にお肉が。体重はそれほど増えてないのに、お腹だけがポッコリと出てくるのも困りもの。いや〜な内臓脂肪を食べて落とす成分「オスモチン」をご存知ですか。食べて痩せるの代表選手ダイエットと言えば、運動と食事制限がまず頭に浮かびます。栄養素を取らずにガンガン燃焼させれば、そりゃ脂肪が減って痩せるに...

20代後半から代謝が悪くなってきて、外食をした翌日は、なんだか胃が重くて、顔もむくんでいる気がするようになってきた30代です。とはいえ、出産して子供も2人いて手もかかります。最近やっと産後ダイエットが完了したかなと思うタイミングで、生活改善もそこまでできていませんでした。そんな時に、ニッスイのイマークSを見つけて、1日1本飲むだけでいいとのことで実際に飲んで試してみることにしました。体脂肪率が下が...

葛湯や葛切り、葛の根を使う風邪薬の葛根湯などは有名なので、知っている人も多いことでしょう。ところが最近、この葛の「花」に最近注目が集まっています。葛の花の成分と、その健康への影響に注目してみましょう。注目の新成分テクトリゲニンとは?葛の花の薬効成分とは?くず粉や葛根湯に代表される葛の根は、二千年も前から食用や漢方薬として用いられてきました。根の他にも茎、葉、花は食用として、蔓は籠などの素材として、...

ノニとは、ハワイやポリネシア等の赤道付近に生息する果物です。特徴として、各種ビタミンやミネラルを豊富に含み、非常に強い生命力を持ちます。その生命力は、1年中どの時期にも花を咲かせ、果実を収穫できるほどです。また、ノニの発酵液には酵母菌・酵素・アミノ酸など、人体にとって有益な成分が多く含まれてることで有名です。ノニの驚くべき特徴はそれだけではありません。実は、ノニはダイエット効果まで持ち合わせている...

「太る」というのは物体の横幅、または周囲が増えることを指しますが、人間が「太る」というと「脂肪組織の増加」により身体の横幅、または周囲が増えることを指します。筋肉ではなく「脂肪」が増えることによって体型が変化することを「太る」と呼ぶことで、それに対しての問題意識を高めているように思います。まず初めに、なぜ筋肉ではなく「脂肪」の増加により身体の横幅、または周囲が増えることが問題なのか言及すると同時に...

寒天で内臓脂肪が落ちる、ご存知でしたか?ダイエットにもいい寒天。寒天と言えばみつ豆や牛乳かんなどのおやつのイメージがあるかもしれません。寒天がなぜ内臓脂肪を落としてくれるのか、どのように食べたらいいのか詳しく紹介します。寒天が内臓脂肪を落とす!?内臓脂肪に注意!と人間ドッグで指摘された方やダイエットしたい方には気になる情報です。寒天が内臓脂肪を減らすのはなぜなのでしょう?それは寒天は低カロリーで食...