内臓脂肪対策におすすめの成分

 

皮下脂肪は皮の下につく脂肪で、女性に多く一見してすぐにわかります。
一方、内臓脂肪とは内臓の回りにつく脂肪で、男性に多く、お腹回りが大きくなりますが、見た目にはわかりにくい場合もあります。

 

皮下脂肪がなかなか落ちないのに比べ、内臓脂肪は比較的落としやすいという特徴があります。
内臓脂肪はCTスキャンで調べる事ができます。

 

摂取カロリー>消費カロリー
内臓脂肪が増える原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることによります。
脂肪や糖分の多い食事を摂り、運動をしないという生活を続けていると内臓脂肪は蓄積されていきます。

 

内臓脂肪が増えると、糖尿病や心臓疾患などの生活習慣病の原因となります。

 

内臓脂肪を減らすためには、食生活の見直しが不可欠です。

 

内臓脂肪対策におすすめの成分
  • 葛の花由来イソフラボン
  • EPA/DHA
  • ラクトフェリン
  • 防風通聖散
  • L-カルニチン
  • キノコキトサン

 

葛の花由来イソフラボン

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)を飲むことでお腹全体の脂肪の量が減ったという研究報告があります。BMI25〜29である97人に葛の花由来イソフラボンを食品に混ぜて摂取してもらったところ、3ヶ月間で20cmもウエスト周囲長が減ったというのです。

 

お腹の部分には内臓脂肪と皮下脂肪の両方がありますが、葛の花由来イソフラボンはその両方を減らす効果があります。外から見ただけではお腹の脂肪が内臓脂肪なのか皮下脂肪なのか正確に判断することは難しいですが、葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪と皮下脂肪の両方に効果がありますので、ウエスト周囲が確実にすっきりするのです。
肥満気味な方、体重(BMI)が気になる方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲長が気になる方にオススメの成分です。

 

代表的な『葛の花由来イソフラボン』サプリメント

 

シボヘール

  • 内臓脂肪を減らすことを助ける機能があると認められた機能性食品
  • 初回限定980円で試すことが出来る
当サイトからのお申込で初回限定980円/送料無料

シボヘールの詳細はこちら


 

スリムフォー

  • 内臓脂肪を減らすことを助ける機能があると認められた機能性食品
  • 通常価格9800円を初回限定980円で試すことが出来る
当サイトからのお申込で初回限定980円/送料500円

スリムフォーの詳細はこちら


 

葛の花減脂粒

  • 内臓脂肪を減らすことを助ける機能があると認められた機能性食品
  • 初回限定半額で試すことが出来る

 

内臓脂肪とEPA/DHA

脂肪や糖分の摂取量を減らし、魚や野菜中心の食事に切り替えてみることが奨励されます。
特に注目したいのが、青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)という栄養素の摂取です。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)はオメガ3系の脂肪酸で、動脈硬化を防ぎ、血液の流れを良くし、高血圧を予防するなどの生活習慣病を改善する効果があります。
そしてEPAとDHAには、中性脂肪を減らす働きがあります。

 

EPAはマイワシ、マグロ、サバ、ブリに、DHAはマグロ、ブリ、サバ、サンマなどに多く含まれています。

 

内臓脂肪と中性脂肪

肥満の原因となるのは中性脂肪の量です。

 

体内で消費されず、余った中性脂肪が腸のまわりの膜に取り込まれ、内臓脂肪となります。
従って、体に溜まった中性脂肪を減らせば、内臓脂肪も減少するわけです。

 

中性脂肪は脂肪酸とグリセリンによって作られていますので、これを分解すれば中性脂肪が減ります。
この中性脂肪を分解させるのに脂肪分解酵素が必要です。
その脂肪分解酵素の働きを活発にするのがDHAなのです。

 

EPAが痩せるホルモンの分泌促進

食事をすると、小腸から消化管ホルモンGLP-1が分泌されます。
このホルモンには、食欲を抑制する働きがあります。

 

このホルモンが多く分泌されると、太りにくい体になります。
EPAはこのホルモンの分泌を増やす働きがあります。

 

EPAとDHAが褐色脂肪細胞を活性化

人の脂肪細胞には、脂肪を貯め込む白色脂肪細胞と、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞があります。
褐色細胞が増えると、脂肪の燃焼も増えていきます。

 

しかし加齢と共に褐色細胞は減少するので、中年以降の体重増加や、メタボリックシンドローム、生活習慣病のリスクが高まります。
EPAとDHAには、この褐色脂肪細胞を増やす働きがあることが研究により証明されているのです。

 

 

このように、内臓脂肪対策には、オメガ3系の脂肪酸であるEPAとDHAの役割が大きい事がわかっています。
内臓脂肪を減らすためには、食生活の見直しと共に、生活に適度な運動を取入れることも大切です。

 

代表的なEPA/DHAサプリメント

 

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHA

  • EPA+DHA含有量750mgは業界最大級(内EPA200mg)
  • 製薬会社の作ったサプリなので安心
当サイトからのお申込で初回限定1000円/送料無料

美健知箋EPA&DHAの詳細はこちら


 

大正製薬の「大正DHA・EPA」

大正製薬の「大正DHA・EPA」

  • EPA+DHAの含有量は600mg(内EPA200mg)
  • 製薬会社の作ったサプリなので安心
当サイトからのお申込で初回限定980円+税/送料無料

大正製薬の「大正DHA・EPA」の詳細はこちら


 

さくらの森きなり

さくらの森きなり

  • EPA+DHAの含有量は500mg(内EPA50mg)
  • 継続しやすい価格設定
当サイトからのお申込で初回限定1980円/送料無料

さくらの森きなりの詳細はこちら


 

ラクトフェリン

ラクトフェリンは乳由来のたんぱく質です。
ラクトフェリンを毎日摂取すると腹部の内臓脂肪が減少したり、BMIが減少したりします。これはラクトフェリンが腸まで届いて、内臓脂肪に直接アタックするからです。腸に届いたラクトフェリンは「たまった脂肪をバラバラに分解する」+「あらたな脂肪をつきにくくする」という2つの方法で腸管周りの脂肪をコントロールするのです。
これがラクトフェリンが内臓脂肪を減らしたりBMIを減らしたりする理由です。

 

代表的なラクトフェリンサプリメント

 

濃純ラクトフェリン100 美肌MAX

  • ラクトフェリン+美容成分がたっぷり
  • ラクトフェリン専門店だからこそのこだわり品質

 


 

防風通聖散

防風通聖散は漢方薬の1つです。
薬・・・といえば、薬ではありますが、漢方薬は東洋医学でいう薬のように成分を調整して作っているのではなく、自然の恵みの中から効果のあるものを選び出して薬として使っているため、効果が緩やかで副作用が少ないことが知られています。

 

防風通聖散は主に身体の熱を取る効果、体内の不用な水分を除去することでむくみ解消をする効果、便秘を解消する効果などがあると言われています。そのため、直接、内臓脂肪を減らす効果があるわけではありませんが、これらの効果が巡りめぐって内臓脂肪を減らす効果が出るといわれています。

 

防風通聖散の詳細はこちら

 

BCAA

BCAAはスポーツジムなどでは話題になっていますが、まだ一般的には知られていないかもしれませんね。
BCAAはアミノ酸の種類で「分岐鎖アミノ酸」と呼ばれています。分岐鎖というくらいですから、枝分かれのある構造をしたアミノ酸で、バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類があります。
必須アミノ酸でもあるので非常に身体に重要です。スポーツジムなどではダイエット系アミノ酸と呼ばれていて、お腹の脂肪を燃やす働きがあります。

 

L-カルニチン

L-カルニチンは身体の中の脂肪をエネルギーに変える際に大きな役割を担っていることが分かっています。
血液中に放出された脂肪がエネルギーを作り出す細胞内にある組織・ミトコンドリアに取り込まれる際にL‐カルニチンが大きく関与しているというのです。また、加齢よって減少していく成分であることも知られていますので、積極的に摂取するようにしたいものです。

 

オルニチン

オルニチンは貝のしじみに多く含まれている成分です。
オルニチンの効果で最も有名なのは肝臓でのアンモニア分解作用。飲みすぎた後などは効果があると言われます。
そんなオルニチンには脂肪分解作用もありますが、オルニチンの効果を最大限に生かすには「オルニチン摂取後に運動をすること」。
運動だけでも内臓脂肪を減らす効果はありますので、相乗効果が狙えるというわけですね。

 

キノコキトサン

キノコキトサンはきのこ類に多く含まれる成分です。
小腸で脂肪を吸収する際に膵リパーゼという酵素を阻害して脂肪の吸収をブロックするのです。そのため、揚げ物などを食べる時には、きのこ料理を一緒に食べるとダイエット効果が高いのです。

 

体重減少のためには、キノコキトサンを1日1400mgくらい摂取するとよいと言われています。これは大体、きのこ100〜150gに含まれています。また、キノコキトサンは水溶性ですが、最近のきのこは水耕栽培で工業的に作られていますので、泥汚れ等はついていません。料理する際には洗わずに使うとよいですよ。

関連ページ

内臓脂肪は減らしやすい脂肪!サプリで今すぐ対策!
内臓脂肪は減らしやすい脂肪です。どんな成分、サプリが効果的なのかご紹介します。
内臓脂肪レベルとは
内臓脂肪レベルって一体何?という方にわかりやすく説明します。
内臓脂肪対策にラクトフェリンはがいいって知ってた?
ラクトフェリンという成分が内臓脂肪改善に効果を発揮することが研究からわかってきました。
内臓脂肪を減らしてくれるヨーグルトをまだ知らないの?
内臓脂肪を減らしてくれる市販のヨーグルトの種類とその選び方をご紹介します。
飲むだけでOK!お茶が内臓脂肪の減少をサポート
お茶には内臓脂肪を減少させる効果があるとされています。本記事では内臓脂肪を減少させるお茶を紹介していきます。
内臓脂肪型の肥満に特効薬はないの?
内臓脂肪型の肥満に特効薬はないの?そう考える方も多い事でしょう。
内臓脂肪型肥満の漢方藥を知らないでは済まされない!
内臓脂肪型肥満に効く漢方製剤をまだ知らないの?
内臓脂肪と皮下脂肪の違いを知らないでは済まされない!
内臓脂肪と皮下脂肪の違いをわかりやすく説明します。
【必読】内臓脂肪を食事で減らす方法
食事で内臓脂肪を落とす大切なことを教えます。次は、あなたが食事で内臓脂肪を減らす番ですよ。
内臓脂肪を効率的に燃焼させる運動にテンション最高潮!
内臓脂肪を効率的に燃やすならこの運動で決まり!内臓脂肪を落とす魔法の効果に業界激震♪
あなたを救う内臓脂肪を減らす食品ベスト3!
内臓脂肪を効率的に落とす効果が期待できるといわれる食品に焦点をあててご紹介します。
内臓脂肪を放置しておくと危険なのはもう常識!
内臓脂肪は「大変怖い脂肪」「放っておいてはいけない脂肪」と言われている理由はこういうことだったのです。
コッコアポの副作用と効果を今すぐ確認してください!
気になるコッコアポの副作用ですが、特に注意しなければならないものが3つあります。
【要確認】ナイシトールの副作用と効果
「添付文書」を見ないで捨ててしまう方も多いようですが、ナイシトールの副作用をもう一度確認してみましょう。
亜麻仁油で内臓脂肪は落とせるってまだ知らなかったの?
亜麻仁油は、内臓脂肪を落とす着火剤と言われています。油は肥満の大敵という考えはもう古く、亜麻仁油などの体に良い油を積極的にとることで内臓脂肪を落とすことができるのです。
アルコールが内臓脂肪の増加を加速させる3つの理由!
健康診断で「メタボ」と診断されると、お医者さんから「お酒は控えるように」と忠告されるように、アルコールは内臓脂肪の増加原因になっているのです。
ごぼう茶が内臓脂肪を下げる!?医師も認めるその効果とは
ごぼう茶に含まれる「サポニン」が脂肪やコレステロールを分解して排出してくれます。そのためダイエット効果があり、内臓脂肪の減少も期待できるのです。
食べ方を変えるだけ!内臓脂肪を下げる3つのコツ
内臓脂肪を下げるには食事療法が有効です。3つのポイントを抑えるだけで大幅に内臓脂肪を落とせるんですよ。
キチン・キトサンが内臓脂肪を吸収・排泄する!
おいしいものを好きなだけ食べても「なかったことにしてくれる」そんな嬉しい成分がキチン・キトサンなのです。もちろん内臓脂肪にも効果あり!
キャベツで内臓脂肪減少〜食べすぎを我慢できないときはコレっ!
最近、内臓脂肪が気になる。どうしても食べすぎでしまうという方はぜひ食前にキャベツを食べてみるのがおすすめですよ。
カプサイシンが内臓脂肪を減らす!?
カプサイシンを利用しての内臓脂肪の効率的な落とし方を説明します。
内臓脂肪、中性脂肪、コレステロールの違いをまだ知らないの?
全てが悪ではありません!知っているようで知らない、内臓脂肪、中性脂肪、コレステロールの違いを明確に説明します。
生活習慣病のリスクを高める腹部肥満(ポッコリお腹)の解消方法
腹部肥満(ポッコリお腹)は生活習慣病のリスクを高めるので、スグに解消する必要があります。原因と解消法について説明します。
ビタミンB1が不足すると内臓脂肪がたまる!
ビタミンB1は内臓脂肪の蓄積を防止して肥満防止に一役買ってくれます。
脂肪燃焼系サプリ「Lカルニチン」が内臓脂肪を落とす!
年齢が進むとLカルニチンの合成量も減ってしまうので、中高年以降のダイエッターはサプリメントでLカルニチンを補充すると効果的です。
内臓脂肪が多い人は脂肪肝の危険性あり?
内臓脂肪と脂肪肝には密接な関係があります。脂肪が付くだけならば良いのですが、これを放っておくと肝硬変などの肝疾患につながることがあるので早めに対処が必要です。
体脂肪を減らすアディポネクチンを増やす方法に興味ある?
ためしてガッテンでも取り上げられたアディポネクチンを効率的にに増やす方法について説明します。
コーヒーの内臓脂肪燃焼効果に業界激震!
コーヒーには内臓脂肪を燃焼させる効果が期待できます。どのようにコーヒーを摂取すれば効率的に内臓脂肪を落とせるのでしょうか?
内臓脂肪は糖尿病の敵!その理由は?
最近の研究では内臓脂肪が原因となって血糖値を上昇させるということが分かってきています。糖尿病と密接な関係があるのです。
果物の摂り過ぎが内臓脂肪肥満を招く
フルーツの摂りすぎで内臓脂肪が増加して肥満につながる可能性があるという恐ろしい研究の結果がいくつもの大学の研究グループから発表されているんです。
辛味成分ジンゲロンの働きが内臓脂肪燃焼に効果あり!
辛味成分であるジンゲロンが内臓脂肪を減らす可能性を知って下さい。
閉経後の女性は内臓脂肪に要注意!
女性は、閉経を境に男性と同じように内臓脂肪型になり、健康診断で引っかかってしまったという話をよく聞きます。一体何故そのようになるのでしょうか?
リコピンが脂肪の吸収・蓄積を防ぎ、内臓脂肪を撃退!
リコピンは、内臓脂肪を撃退して肥満予防になる効果のほかに、高い抗酸化作用から体の免疫向上に役立ち、病気にかかりにくくなる効果もあります。
13-oxo-ODAの驚異の効果※肥満症メタボ改善の特効薬?
リコピンより注目すべき栄養素が13-oxo-ODAです。13-oxo-ODAは直接脂肪を燃焼してくれる効果も確認されています。この研究が更に進めば地上から肥満の人はいなくなるかもしれません。
ローズヒップティーで内臓脂肪を撃退!
ローズヒップに含まれるポリフェノールの一種ティリロサイドには、酵素を活性化させて内臓脂肪を燃焼させる働きがあることがわかってきました。
モロヘイヤは内臓脂肪ダイエットの強い味方!
モロヘイヤに含まれるヌルヌル成分のムチンに内臓脂肪ダイエットに役立つ秘密が隠されていました。
内臓脂肪が多い人は脂肪肝の危険性あり?
脂肪肝とは、単に内臓脂肪が多い肝臓という意味ではなく、「細胞の一部(30%)以上を中性脂肪が占めてしまっている肝臓」という、臓器そのものを指す言葉です。
内臓脂肪を減らすオスモチンをまだ知らないの?
最近内臓脂肪を減らすオスモチンに注目が集まっていますが、オスモチンとはいったい何でしょうか。 その正体に迫ってみました。
内臓脂肪カットに豚肉!?その意外な効果とは?
意外にも内臓脂肪カットに効果があるのは豚肉でした。その理由は豚肉に含まれる4つの栄養素にあります。
β-コングリシニンが内臓脂肪を減らすのはもう常識!
内臓脂肪を落とすのに非常に効果が高い大豆たんぱく、β-コングリシニン。特筆すべきは、すでにたっぷり付いてしまった内臓脂肪に効果的ということ。
内臓脂肪を減らすサプリメント〜9つの鉄板成分とは?
内臓脂肪を減らすサプリメントですが、なぜ内臓脂肪に効果があるか、正しく理解していますか?内臓脂肪を減らす効果があるサプリメントの成分とその働きを整理してみましょう。
食べて痩せるダイエットの代表選手オスモチンが内臓脂肪解消の鍵
オスモチンは内臓脂肪を効率よく分解し、血中の糖分をエネルギーに替えて燃焼させるには欠かすことのできない栄養素です。食べて痩せる成分オスモチンを上手に利用して、太らない体を手に入れてください。
内臓脂肪レベルがイマークSで下がった!?【イマークS体験記】
体脂肪や体重を気にしていた人も、内臓太りをしているかもしれません。飲んで改善できるのが「イマークS」。ここまではっきり結果が出るなんてすごいと感動しています。
内臓脂肪を減らす特効成分『葛の花イソフラボン』に注目!
内臓脂肪の減少に確実な効果があると消費者庁も認める機能性表示食品、葛の花イソフラボン。その効能に着目してみました。
内臓脂肪がノニでするりと落ちるってホント?!
実は、ノニはダイエット効果まで持ち合わせているのです。過剰な内臓脂肪の蓄積は多くの生活習慣病の引き金となります。ノニのダイエット効果で脂肪を落とし、健康的な日々を謳歌しましょう。
内臓脂肪を筋トレで減らす方法をまだ知らないの?
「内臓脂肪」の増加がなぜ問題なのか?その後、筋トレにより内臓脂肪を減らす方法を紹介します。
寒天で内臓脂肪がスルリ落ちる?ぎょえ〜!
寒天で内臓脂肪が落ちるってご存知でしたか?寒天がなぜ内臓脂肪を落としてくれるのか、どのように食べたらいいのか詳しく紹介します。